ブラウンズフィールド

人と環境の繋がりを意識した自給自足生活の実践、提案

編集部からのコメント
ブラウンズフィールドが目指すのは「無理なく可能な限りで、自給自足を目指し、火、水、土、光、空気、エネルギーのことに思いを馳せシンプルに暮らす。美味しい料理をみんなで作ってみんなで囲み大自然の恵みを感謝していただく。そして、世界中のみんなが、生きとし生けるものが、血縁を超えた家族の繋がりを感じ、楽しく暮らす。そんなライフスタイルを実践、提案し、次世代に繋げていく」こと。 自分にとってのサステナブルとは?を考えるサステナブルスクールも開催しています。

ウェブサイトはこちら

  1. 【鹿児島】沖永良部島のサステナブルツーリズム事例紹介

    2022.12.06

  2. 東京・下町をめぐる自転車旅!TABIRINを使ってサステナブルなスポッ…

    2022.12.03

  3. ポジティブ・サステナビリティ【後編】「体験」はなぜサステナブル…

    2022.11.29

  4. 【神奈川】サステナブルツーリズム事例5選

    2022.11.26

  5. リジェネラティブなサステナビリティへむけて:エコツーリズムをヒ…

    2022.11.22

  1. デジタル社会における不便を楽しむ観光のすすめ ―― 持続可能な社会…

    2021.12.08

  2. 「地域が変わっていくには時間がかかる」――『ちの旅』田子さんイン…

    2021.12.08

  3. あれもこれも、旅にする【中編】旅を「つくる」ためのヒント

    2022.10.11

  4. 「旅=非日常」はもう古いかも!?――「かっこいい旅人」は生活する…

    2022.06.14

  5. WWOOF(ウーフ)って何?日本でするには?お金のいらない、助け合い…

    2022.05.31