民際センター

ラオス・カンボジア・タイ・ミャンマー・ベトナム等へ教育支援を行っています

編集部からのコメント
1987年、タイ東北地方の41人の子どもへの奨学金提供から活動がはじまりました。現在、ラオス・カンボジア・タイ・ミャンマー・ベトナムの延べ約40万人を超える子どもの教育支援を実現しています。

ウェブサイトはこちら

  1. 【鹿児島】沖永良部島のサステナブルツーリズム事例紹介

    2022.12.06

  2. 東京・下町をめぐる自転車旅!TABIRINを使ってサステナブルなスポッ…

    2022.12.03

  3. ポジティブ・サステナビリティ【後編】「体験」はなぜサステナブル…

    2022.11.29

  4. 【神奈川】サステナブルツーリズム事例5選

    2022.11.26

  5. リジェネラティブなサステナビリティへむけて:エコツーリズムをヒ…

    2022.11.22

  1. デジタル社会における不便を楽しむ観光のすすめ ―― 持続可能な社会…

    2021.12.08

  2. あれもこれも、旅にする【前編】観光の「脱パッケージ化」

    2022.09.24

  3. 「旅=非日常」はもう古いかも!?――「かっこいい旅人」は生活する…

    2022.06.14

  4. WWOOF(ウーフ)って何?日本でするには?お金のいらない、助け合い…

    2022.05.31

  5. 国内におけるサステナブルツーリズム事例を紹介

    2021.11.10