蕪栗沼ぬまっこクラブ

蕪栗沼の保全や管理

編集部からのコメント
蕪栗沼は、宮城県北部の平野部にある、面積約150ha(1.5平方キロメートル)の低地性湿地。周辺3つの水田とともに遊水地として整備されており、増水時に一時的に水を貯めることで周囲の家屋や水田を洪水から守っている。国の天然記念物に指定されているマガンの越冬地で、国内に飛来する半数の約7万羽が利用しており、国際的に重要な湿地を保護するラムサール条約に指定されている。

ウェブサイトはこちら

  1. 「文化の画一化」に抗する旅【前編】2種類の画一化

  2. サステナブルな旅の土台を支える「平和」。戦争はな…

  3. スローツーリズムとは?トスカーナの小さな町の挑戦

  4. オーバーツーリズムを解消するために必要なことは、…

  5. サスタビニュース4月

    おさえておきたいサスタビニュース2024年4月

  1. 【関西】京都のサステナブルツーリズム6選!事例・ス…

  2. サスタビニュース4月

    おさえておきたいサスタビニュース2024年4月

  3. 秋川渓谷で清流を感じる 東京プチトリップのススメ …

  4. サスタビサイトを使いこなそう!ユーザーガイド

  5. 国内におけるサステナブルツーリズム事例を紹介

月別記事・レポート