画像出典: https://www.aso-denku.jp/bokuyaguide/

普段は入れない草原に潜入「牧野ガイド」

阿蘇の人々が放牧や採草といった農業をする場所であり、長い年月をかけ野焼きや家畜・動植物保護を行いながら守り続けてきた場所であり阿蘇の地域資源「牧野(草原)」。

阿蘇の人々がその地域にあった形で利用することで守ってきた場所であり、一般の方は立ち入ることのできない牧野に、特別に入ることを許された「牧野ガイド」が牧野の中でしか体感できない様々なプランを用意しています。

プラン体験料の中には、牧野保全料の1,000円が含まれています。牧野で生まれた観光の利益を、牧野に還元し、維持管理に活用しています。

サステナブルな理由は?

  • サステナビリティ:持続可能な旅のコンセプトを明文化している
  • 文化・自然の保全:文化遺産・自然環境の保護や保全に貢献している

提供するサステナブルなサービス内容は?

  • 伝統:地域の伝統を体験できる
  • 自然:環境に負荷をかけず、自然を楽しめる

基本情報

詳細URL https://www.aso-denku.jp/bokuyaguide/
地域/場所 【熊本県】阿蘇市
主催者 道の駅阿蘇(NPO法人 ASO田園空間博物館)総合企画チーム
住所 〒869-2225 熊本県阿蘇市黒川1440-1
電話番号 0967-35-5077
料金 -

登録者 : 鈴木 さやか さん

※ 投稿型コンテンツという性質上、スポット情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめのサステナブルなスポット

  1. 現役の木こりから、自然の中で遊びながらサバイバル術を学ぶ!里山ブッシュクラフト体験

  2. 奥能登の世界農業遺産をめぐる

  3. 自然を感じ、学べる首都圏のサステナブルフィールド「三富今昔村」

  4. 御射鹿池の水の行方をたどる 水の郷まちあるき

  5. パドルスポーツを楽しみ、川を綺麗にする「多摩川リバークリーンラフティング」

  6. 八ヶ岳ブッシュクラフトスクール

  7. 草原を見渡す南小国の新名所「小萩山草原テラス」

  8. 鶏の解体ワークショップ「コッコパラダイス」

  9. 御射鹿池と水の郷をめぐるガイドウォーク

  1. 【鹿児島】沖永良部島のサステナブルツーリズム事例紹介

    2022.12.06

  2. 東京・下町をめぐる自転車旅!TABIRINを使ってサステナブルなスポッ…

    2022.12.03

  3. ポジティブ・サステナビリティ【後編】「体験」はなぜサステナブル…

    2022.11.29

  4. 【神奈川】サステナブルツーリズム事例5選

    2022.11.26

  5. リジェネラティブなサステナビリティへむけて:エコツーリズムをヒ…

    2022.11.22

  1. 国内におけるサステナブルツーリズム事例を紹介

    2021.11.10

  2. あれもこれも、旅にする【中編】旅を「つくる」ためのヒント

    2022.10.11

  3. デジタル社会における不便を楽しむ観光のすすめ ―― 持続可能な社会…

    2021.12.08

  4. 「旅=非日常」はもう古いかも!?――「かっこいい旅人」は生活する…

    2022.06.14

  5. WWOOF(ウーフ)って何?日本でするには?お金のいらない、助け合い…

    2022.05.31