画像出典: http://www.toba.gr.jp/spot/play/4053/

アマモ場の生きもの観察会~魚たちの住む海の森作り

伊勢湾内にはアマモ(海藻)がたくさん生えている「アマモ場」と呼ばれる場所がたくさんあります。

アマモ場は魚の赤ちゃんなどが育つところで、海のゆりかごとも言われてきたとても大切な場所です。

現在は磯焼けなどの環境悪化が原因で、50年前の100分の1にまで減少しています。

こちらのツアーではアマモやアマモ場の生き物たちと出逢いながら、海辺の環境を楽しく学ぶことができます。

サステナブルな理由は?

  • 文化・自然の保全:文化遺産・自然環境の保護や保全に貢献している

提供するサステナブルなサービス内容は?

  • 自然:環境に負荷をかけず、自然を楽しめる

基本情報

詳細URL http://www.toba.gr.jp/spot/play/4053/
地域/場所 【三重県】鳥羽市
主催者 鳥羽市立 海の博物館
住所 三重県鳥羽市浦村町大吉1731-68
電話番号 0599-32-6006
料金 ¥1,200~

登録者 : サスタビ編集部 さん

※ 投稿型コンテンツという性質上、スポット情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめのサステナブルなスポット

  1. 南太平洋の秘宝ニウエ 

  2. 持続可能な観光体験「サステナつるが」

  3. 汚れた衣服を染め替えてよみがえらせる「藍染め屋aiya」

  4. 乗馬クラブ「ハーモニーワールド」

  5. サステナブルな店が集まる「GOOD NEWS DAIRY」

  6. 世界一のクラゲ展示!加茂水族館・クラゲドリーム館

  7. 【3/22】伊東暮らし移住相談ツアー

  8. Party Party Party Night #9

  9. 沼津港深海水族館~シーラカンス・ミュージアム~

  1. 観光地を「観る」技術を鍛えよう:観光と写真撮影

  2. 「旅先にプラスの影響を与える旅」とは?旅とサステ…

  3. 学生団体SWITCHをインタビュー!カンボジアの小中学…

  4. 東京:ヴィーガン・ プラントベース飲食店9選

    【東京都】友達と行きたい!ヴィーガン・プラントベ…

  5. おさえておきたいサスタビニュース2024年6月

  1. 大切なのは「ひとつずつ」!:旅を通じて旅を育てる

  2. 人の手で自然を管理し里山を作る。八ヶ岳ツーリズム…

  3. 山形県のサステナブルツーリズム

     山形県で、サステナブルツーリズムをしよう!おすす…

  4. 国内におけるサステナブルツーリズム事例を紹介

  5. 気候変動で飲食業界はどう変わる? ――タイイチさんに…

月別記事・レポート