画像出典: http://www.toba.gr.jp/spot/play/4053/

アマモ場の生きもの観察会~魚たちの住む海の森作り

伊勢湾内にはアマモ(海藻)がたくさん生えている「アマモ場」と呼ばれる場所がたくさんあります。

アマモ場は魚の赤ちゃんなどが育つところで、海のゆりかごとも言われてきたとても大切な場所です。

現在は磯焼けなどの環境悪化が原因で、50年前の100分の1にまで減少しています。

こちらのツアーではアマモやアマモ場の生き物たちと出逢いながら、海辺の環境を楽しく学ぶことができます。

サステナブルな理由は?

  • 文化・自然の保全:文化遺産・自然環境の保護や保全に貢献している

提供するサステナブルなサービス内容は?

  • 自然:環境に負荷をかけず、自然を楽しめる

基本情報

詳細URL http://www.toba.gr.jp/spot/play/4053/
地域/場所 【三重県】鳥羽市
主催者 鳥羽市立 海の博物館
住所 三重県鳥羽市浦村町大吉1731-68
電話番号 0599-32-6006
料金 ¥1,200~

登録者 : サスタビ編集部 さん

※ 投稿型コンテンツという性質上、スポット情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめのサステナブルなスポット

  1. かつての森を取り戻す逆開発「養老渓谷駅足湯」

  2. ゼロ・ウェイスト宣言を日本で初めて行った町で学ぶ「ゼロ・ウェイスト・スタディーツアー」

  3. スウェーデンにある世界初の野外博物館「スカンセン(Skansen)」

  4. サステナブルな石けんづくりを体験できる「OLIVIA(オリビア)」

  5. 小さな泊まれる出版社「真鶴出版」

  6. 町の文化拠点としてのシネマカフェ「CINEMA AMIGO(シネマアミーゴ)」

  7. 環境指定都市に選定、信頼される国際環境リゾート地を目指す「ニセコ スマートチャレンジ86」

  8. 100年以上にわたり続く、酒蔵「松岡醸造」

  9. 南信州山岳文化伝統の会サスティナブルツーリズム

  1. 位置財・観光・平等:地域の持続と旅の持続

    2024.02.23

  2. 「開拓主義」をのりこえる:「観光のまなざし」から考えるサステナ…

    2024.02.16

  3.  山形県で、サステナブルツーリズムをしよう!おすすめスポット5選

    2024.02.13

  4. 「開拓主義」をのりこえる:「観光のまなざし」から考えるサステナ…

    2024.02.09

  5. おさえておきたいサスタビニュース2024年2月

    2024.02.02

  1. 地産地消を超える!豊丘村で自分で食材を集めるe-bikeツアー

    2023.05.13

  2. サステナブルな旅に関するビジネスプラン募集中!

    2023.09.06

  3. 「開拓主義」をのりこえる:「観光のまなざし」から考えるサステナ…

    2024.02.16

  4. 【神奈川】鶏の解体ワークショップで「食の裏側」を考える

    2022.07.27

  5. オーバーツーリズム解説!【中編】「ボトムアップ」の試行錯誤を

    2023.11.07