10 旅先の在来種を知ろう

旅先の在来種を知ろう

その土地の動植物を守ることでその土地の生態系が保たれるため、事前に旅先の在来種を知りましょう。

遠くから見れば似たような森や川も、土地によって生きている動物や植物の種類は異なります。どんな地域にも、そこでなければ生きられない命、人間よりも長くその土地に根付いている生き物がいるものです。

旅先がどんな自然環境で、どんな在来種がいるのかを知ることで、生態系を壊さず保つことにつながります。事前に自分で勉強をするだけでなく、現地でジオガイドに参加するなど、楽しみながら学ぶことも可能です。

この記事に対するご感想やご意見は、ぜひコメント欄から投稿お願いいたします

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事

  1. 公共の移動手段を活用しよう

    01 公共の移動手段をつかおう

  2. 交流体験型プログラムに参加してみよう

    09 交流型体験プログラムに参加してみよう

  3. 地域の文化活動に参加してみよう

    12 地域の文化活動に参加して見よう

  4. マイバックを持参しよう

    05 マイバックを持参しよう

  5. 自然環境や地域社会に配慮した宿泊施設を選ぼう

    19 サステナブルに配慮した宿泊施設を選ぼう

  6. 事前に旅先の情報を調べておこう

    03 事前に歴史・文化をしらべておこう

  1. 「文化の画一化」に抗する旅【前編】2種類の画一化

  2. サステナブルな旅の土台を支える「平和」。戦争はな…

  3. スローツーリズムとは?トスカーナの小さな町の挑戦

  4. オーバーツーリズムを解消するために必要なことは、…

  5. サスタビニュース4月

    おさえておきたいサスタビニュース2024年4月

  1. WWOOF(ウーフ)って何?日本でするには?お金のいら…

  2. オーバーツーリズム解説!【前編】「観光公害」との…

  3. 【神奈川】鶏の解体ワークショップで「食の裏側」を…

  4. オーバーツーリズム解説!【後編】オーバーツーリズ…

  5. 観光客は「観る側」から「観られる側」へ:「観る/…

月別記事・レポート