画像出典: http://e-yoneya.com/

おとぎの森に迷い込んだような「おとぎ宿米屋」

健康と環境への配慮にした「おとぎ宿米屋」。

季節に合わせて、自社農園や近隣の生産者が栽培する有機認証された食材を使ったこだわりの料理は絶品です。館内の空調には天然の温泉水を冷暖房のエネルギーに変換するシステムを導入し、二酸化炭素排出の削減に取り組んでいます。

より健康で、美味しい料理を味わっていただきたい、居心地良く過ごしていただきたいという思いが詰まった環境に優しい宿泊施設です。

サステナブルな理由は?

  • サステナビリティ:持続可能な旅のコンセプトを明文化している
  • 地産地消:食事や施設建設において、地産地消に取り組んでいる

提供するサステナブルなサービス内容は?

  • 地産地消:地産地消の食事を提供するなど、地域の食文化に触れる機会を作っている

基本情報

詳細URL http://e-yoneya.com/
地域/場所 【福島県】須賀川市
主催者 -
住所 福島県須賀川市岩渕字笠木168-2
電話番号 0248-62-7200
料金 ¥29,000~

登録者 : サスタビ編集部 さん

※ 投稿型コンテンツという性質上、スポット情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。

    • namekata2

    きめ細かなサービスが最高に良かったです、また、行きたいですね。
    環境に配慮した取り組みもされてます。
    おとぎの宿米屋様では、再生可能エネルギーである地中熱の一つに分類される温泉(排湯)熱を利用しヒートポンプで給湯・暖 房・冷房することで、同施設の年間化石燃料使用量削減とCO2削減を同時化する事業 。
    https://share.icloud.com/photos/03cZfXOOMEC8gnNFeByRMpO2g

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめのサステナブルなスポット

  1. 地域の人たちと交流が楽しめる「TESHIKAGA HOSTEL MISATO」

  2. 昭和6年創業の歴史ある山小屋「冷泉小屋」

  3. 小豆島の豊かな食を満喫する「1dayフーディーツアー」

  4. ⾃然の⼼地よさを味わえる「水際のロッジ」

  5. 持続可能な里海づくりのため島丸ごと博物館をコンセプトとした「黒潮実感センター」

  6. The Open House BALI

  7. 廃棄処分されるうどんを”資源”として有効活用「うどんまるごと循環プロジェクト」

  8. 採れたての野菜で自炊する田舎暮らしを体験「森のなかヨックル」

  9. 赤目渓谷源流冒険ツアー

  1. 「文化の画一化」に抗する旅【前編】2種類の画一化

  2. サステナブルな旅の土台を支える「平和」。戦争はな…

  3. スローツーリズムとは?トスカーナの小さな町の挑戦

  4. オーバーツーリズムを解消するために必要なことは、…

  5. サスタビニュース4月

    おさえておきたいサスタビニュース2024年4月

  1. 観光客は「観る側」から「観られる側」へ:「観る/…

  2. ツーリストシップとは?田中千恵子氏から学ぶ、観光…

  3. オーバーツーリズムを解消するために必要なことは、…

  4. オーバーツーリズム解説!【中編】「ボトムアップ」…

  5. 「開拓主義」をのりこえる:「観光のまなざし」から…

月別記事・レポート