サスタビを知る「サステナブルな旅って、なに?」―そんな素朴な疑問について、さまざまな視点から考えます。

【東京】都内のサステナブルツーリズム事例紹介

【東京】都内のサステナブルツーリズム事例紹介

東京都内のサステナブルツーリズム

気候変動をはじめとする環境問題への対策やコロナ禍での感染を広げないための行動など、旅をする者の責任としてサステナブルツーリズムが求められています。

そこで、今回は東京都内のサステナブルツーリズム事例についてご紹介します。

休日に日帰りで楽しめるスポットや出張の際におすすめのホテルなど、旅を通して地域や社会に貢献ができる“新しい旅のカタチ”を見つけてみてください!

【東京】サステナブルツーリズム|アクティビティ編

1.多摩川リバークリーンラフティング @青梅

楽しく学ぶ川ゴミ問題 多摩川リバークリーンラフティング!

東京山間地域を中心に、地域や人と巡り合い、関係を育み、ワクワクするアクティビティを楽しみながら地域課題を学びあう体験ツアーを提供しているTOKYO MOUNTAIN TOURS。

今回ご紹介する『リバークリーンラフティング』は、「日本の名水百選」にも選ばれた御岳渓谷で課題となっている放置ごみや河川ごみを、ラフティングをしながら拾うことで解決へ一歩近づけるアクティビティです。仲間や家族でスリル満点の川遊びをしながら、楽しませてもらった川を少しでもきれいにして帰る。そんな素敵なプログラムです。

詳しくは、サスタビ編集部が実際にツアーに参加したときのリポートをご覧ください!
日本一スリリングなゴミ拾い?多摩川リバーラフティングで楽しく学ぶ川ゴミ問題

他にも、奥多摩で創業300年以上の歴史をもつ「小澤酒造」を訪れ、酒蔵見学と酒造りに欠かせない美味しい水を育む豊かな森づくりを体験する、“山と水の循環”を学ぶ利き酒ツアーなど、大人だからこそ楽しんで学べるとっておきのツアーがあります。

2.東京ひのはランド @檜原村

29)東京ひのはらんど

新宿から電車で約1時間半で行ける東京檜原村(ひのはらむら)は、東京にありながら豊かな自然と地域固有の文化が多く残った地域です。

村の美しい自然や歴史文化を守り育てながら、地域資源を活用して観光産業を興すことを目指し、「檜原村エコツーリズム構想」を実現しています。『東京ひのはらんど』というサイトには檜原村で体験でいる約10個のエコツアーが紹介されています。

草木染めやつるかご編み、玄米カイロ作り、野草料理作りなどができる『森のてしごと体験ツアー』や、地元ガイドと歩く『人里散策ツアー』、またスギやヒノキの間伐、森の中の道を整備など自然と共に暮らしていくための“お手入れ”をする体験ツアーなど、他では体験できないユニークなエコツアーが開催されています。

【東京】サステナブルツーリズム|ホテル編

3.TRUNK HOTEL @渋谷

“ソーシャライジング” と “ローカリゼーション” を 体感できる新しい宿泊スタイル「TRUNK(HOTEL)」

渋谷にあるTRUNK(HOTEL)は “ソーシャライジング” と “ローカリゼーション” を体感できる新しい宿泊スタイルを提案するホテルです。 “ソーシャライジング”とは、「自分らしく無理せず等身大で社会的な目的を持って生活すること。」

間伐材や古材を使用したベッドや、工場で使われなくなった鉄をリサイクルして作ったハンガー、シャンプー類は肌と環境に優しい国産素材にこだわったエコサート認証の100%オーガニックのものという徹底ぶり。また、一般的なホテルでは使い捨てのことが多いスリッパも、持ち帰って使いたくなるデザインにし、素材はサンダルをつくる際に出るゴムの端切を集めてリデュースしたものだそう。

客室内のミニバーには、渋谷を象徴する商品を目指して作られた「SHIBUYAビール」やスクランブル交差点をラベルモチーフにした「シブヤコーラ」、インスタントコーヒーまでも渋谷産にこだわり、TRUNK(HOTEL)のホームである渋谷のカルチャーをぎゅっと感じられます。

併設のショップでは、アップサイクルプロダクトやオーガニック食品、地元発祥の商品などSOCIALIZINGなアイテムを開発・厳選して取り揃え、買い物を通じて“ソーシャライジング”を身近に体感できます。

4.LYURO 東京清澄 -THE SHARE HOTELS-

LYURO

『THE SHARE HOTELS』は、遊休不動産を活用し、地域に開かれたシェアスペースを設けて、“その場所にしかない新しい出会いと体験を提供する”をコンセプトとしたホテルシリーズ。石川・金沢で1店舗目がオープンし、現在は京都や広島など全国6軒のホテルがあります(2022年9月現在)。その第2弾にあたるのが清澄白河にできた『LYURO 東京清澄』です。

隅田川沿いの築古オフィスビルをリノベーションしたこのホテルのコンセプトは「川の流れのように、旅する。」世界の文化と下町文化が混ざり合い、旅人が世界とつながる「流路(LYURO)」となるようにという意味が名前に込められています。

川沿いのテラスはホテルの敷地外の遊歩道と繋がっており、誰もが水辺での時間を楽しめるオープンな多目的スペースで、宿泊客だけでなく、近隣の住人や通りすがりの歩行者など、誰もが思い思いに過ごせる場所です。レストランやブルワリー『清洲橋醸造場』でも、宿泊客かどうかに関わらず、クラフトビールや自然派ワインと産地直送の素材を使ったBBQスタイルの食事が楽しめます。

5.NOHGA HOTEL UENO TOKYO

NOHGA HOTEL UENO TOKYO

上野公園をはじめ、多くの美術館や博物館があったり、江戸文化が今も残っていたり、東京を代表するディープで豊かな文化エリア・上野。

そんな上野のカルチャーを深く感じられるように、地域の職人やデザイナーが創ったオリジナル製品やアートなどを館内のあちこちで展示しており、購入も可能です。興味のある人には地元の工房やショップなどを紹介してくれます。

エネルギー消費抑制、廃棄物・排水対策、食品への配慮、地域貢献活動の4点を中心に、地球環境に優しいホテルづくりも推進しています。

東京でサステナブルに旅をしよう

「サステナブル」という視点で町を見てみると、他にもたくさんスポットが見つかるはず!皆さんが見つけたサステナブルな旅について、ぜひ教えてください!

日本全国のサステナブルツーリズムについてはこちらもご覧ください。
国内におけるサステナブルツーリズム事例を紹介

この記事を書いた人

鈴木 さやか

ライター・コミュニティ運営

東京大学大学院在学中。専門は環境教育/社会教育。渥美半島⇔横浜の2拠点生活でローカル(実践)とアカデミア(理論)を行き来しながら、無理なく持続可能な生き方の選択肢を探求中!

Member Recruitment

サスタビ
運営メンバー募集

サスタビでは、ウェブサイトを運営する
メンバーを募集しています。

Contact Us

お問い合わせ

サスタビサイトに関するご質問や、掲載依頼などは、
以下よりお問い合わせください。