おさえておきたいサスタビニュース2023年10月

サステナブルな旅」とは、旅を楽しみながら、広く地球環境、社会、経済に配慮し、旅先の人々の暮らしに敬意を払い、旅すること。「サスタビを知る」のコーナーでもさまざまなサステナブルスポットや事例をご紹介していますが、こちらの記事では、2023年9~10月にリリースされた最新のサステナブルなニュースをピックアップしてご紹介していきます。

JAL、廃棄されてしまう果物を特殊冷凍で凍結した新感覚のフローズンフルーツを採用

JAL

出展:JAL機内食に特殊冷凍フルーツが採用決定

「みんなで行こう、サステナブルな未来へ。」を合言葉に、CO2排出量削減、脱プラスチック、限られた資源の有効利用などサステナブルな取り組みを行うJALグループ。今回、味に変わりはないのに「サイズが基準を満たしていない」「⼩さなキズがある」などの理由で市場に出回らず廃棄されてしまう果物を、特殊冷凍テクノロジーによって凍結した新感覚のフローズンフルーツを9月14日(木)~20日(水)の1週間、羽田発ニューヨーク行きのビジネスクラスおよびファーストクラスにて「サステナブル・チャレンジフライト」として提供しています。

愛媛県大洲市が「世界の持続可能な観光地2023年 TOP100選」を受賞

引用:【2年連続選定】愛媛県大洲市が国際認証機関グリーン・デスティネーションズが選ぶ「世界の持続可能な観光地2023年 TOP100選」を受賞

観光まちづくりに取り組む愛媛県大洲市が、国際認証機関の非営利団体グリーン・デスティネーションズが認定する「世界の持続可能な観光地2023年 TOP100選」に2年連続で選出されました。昨年は城下町である大洲市の歴史的建造物を再生して活用するなど、まちなみ保全や地域経済に資する取り組みを評価されたものでした。今年は、町家再生に加え地域住民と一般社団法人キタ・マネジメントが連携し地域コミュニティを育んできたことが評価されたことを明かしています。

日本初の無人駅トゥクトゥクレンタルサービスを開始!

引用:無人オペレーションの移動型アクティビティで東京の秘境奥多摩の魅力発見の旅へ!

近年、日本の観光地でも過疎化高齢化が進み、それに伴う一次交通・二次交通の衰退が顕在化しています。こうした観光地への来訪手段は車しかなく、休日や観光シーズンの集中的な交通渋滞や排気ガス、ゴミの投棄等により自然豊かな環境が損なわれているといった移動課題も大きな問題となってきました。JR東日本スタートアップ株式会社は、新しい移動型アクティビティである電動トゥクトゥクを展開する株式会社eMoBiと共創し、観光地での移動課題を顧客価値に変換し、移動自体をもっと楽しく快適なものにする実証実験をJR青梅線鳩ノ巣駅にて10月18日(水)から順次開始します。

この記事に対するご感想やご意見は、ぜひコメント欄から投稿お願いいたします

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事

  1. サステナビリティとは?大きな枠組みでサステナビリティを探求してみる

  2. 交流から関係へ【前編】背景としての人口問題を整理!#旅と関係人口

  3. 観光列車と市電 そのサステナブルな楽しみ方#観光と人の移動

  4. サスタビニュース

    おさえておきたいサスタビニュース2023年8月

  5. おさえておきたいサスタビニュース2024年2月

  6. 第2回サスタビフォトコンテスト、審査結果発表!

  1. 「文化の画一化」に抗する旅【前編】2種類の画一化

  2. サステナブルな旅の土台を支える「平和」。戦争はな…

  3. スローツーリズムとは?トスカーナの小さな町の挑戦

  4. オーバーツーリズムを解消するために必要なことは、…

  5. サスタビニュース4月

    おさえておきたいサスタビニュース2024年4月

  1. 【第3回】サスタビフォトコン!徒歩や自転車で旅を…

  2. オーバーツーリズムを解消するために必要なことは、…

  3. 【東京都】蔵前のサステナブルスポット6選・モデルコース(後編)

    【東京都】蔵前のサステナブルスポット6選・モデルコ…

  4. 【関東】東京都内のサステナブルツーリズム5選!事…

  5. 「旅=非日常」はもう古いかも!?――「かっこいい旅…

月別記事・レポート